>  > Project μ プロジェクトミュー ブレーキパッド RACING777 リア プリメーラ/プリメーラカミノ HP11(SR20DE)

Project μ プロジェクトミュー ブレーキパッド RACING777 リア プリメーラ/プリメーラカミノ HP11(SR20DE)

Project μ プロジェクトミュー ダウンサス ブレーキパッド RACING777 リア プリメーラ/プリメーラカミノ オッティ用 HP11(SR20DE)

「アイ アム ブルース・リー」を観て・・・その1

先日、一度感想をアップしたのですが、その後、繰り返し観ているうちに、誤解しているなと思うところがあったので 【R35GT-R カナード】ハセミモータースポーツ 前期用 カーボン製、書き直すことにして、いったん削除して、新たに書き綴ることにいたしました。

中川翔子ちゃんのイラスト付き映画批評のムック本を見ていたら、最後の方で紹介してありました。この映画は2011年製作のようです。

内容は、家族や弟子、映画関係者、格闘技選手、研究者、そして、ファンが登場して、ブルース・リーを語るいつものドキュメンタリー形式。レアな映像はあまりなく、語られる内容も今までものとだいたい同じものでしたが、全体を繰り返し観ていると、この作品の意図するところがわかりはじめ、ブルース・リーに対する愛情が感じられるよい作品だと思いました。そして、よりブルース・リーが身近な存在になったように思いました。

印象に残っているのは、ダン・イノサント氏やリンダ夫人が当時を思い出して感情をあらわにしていたところで、イノサント氏は「74才になるけど、彼のことを考えない日はないよ」。娘いわく、「父が泣き叫んでいるのを初めて見たわ・・・彼の死を受け入れられず・・・つらかったはず」、「そのとおりさ・・・つらかったよ」とイノサント氏は今にも泣きださんばかりのうるうるの表情でした。

リチャード・バステロ師父も連絡を受けたとき、「ダンは放心状態で・・・とにかく嘆いていたよ」。「ブルースは唯一無二の存在だったんだ」とイノサント氏、当然、私ももらい泣きです。

リンダ夫人も、当時を思い出し、感傷的になっていましたが、「ブルースは本当にステキな人だった・・・!」と言った時 バリオス セット アップハンドル アップハン メッシュ 6ベント アップハン メッシュブレーキホース バーテックス バリオス アップハンドル、同じ想いがしました。

私が子供の頃は、ブルース・リーは、強くて、カッコイイから「あこがれ」の目でしか見れていませんでしたが、年をとるにつれ、ブルース・リーの生きざまや普段の様子、素顔を知るようになるにつれ DUCATI 848(08~13年) スクリーン ダブルバブル クリア ゼログラビティ(ZERO GRAVITY)、いかに人間として「愛すべき存在」だったのか、という想いに変わっていきました。

私にとってブルース・リーは年上ながら「一番の親友」で、血のつながりはないけれど 【ゼログラビティ】 (受注発注品) スクリーン スポーツツーリング ダークスモーク(TRIUMPH DAYTONA675 06-08) 【2390919】、やさしくて、慕える兄貴、男が惚れる男、それは、ブルース・リーが、「どんな人をも受け入れてくれる心の広い、やさしい」人だから・・・と、子供だったゆえに感じられたからだと思います。もちろん、

、彼のように強くなりたいから、パンチやキックの練習はたくさんしましたけど、彼の言葉、精神性、哲学的な面にも影響を受け、哲学に関心を持ちました。私は「ジェームズ・コバーン」タイプのようです。

この「アイ アム ブルース・リー」では、アーナ・カプリの8mmフィルムからの、「燃えよドラゴン」撮影中のオフショットがちりばめられていますが、彼が、周囲に気づかってか、現場では、常に明るく、ニコニコと振る舞っていたように見えます。とても生き生きとしていて、特に「クネクネダンス」を踊った後の、あの無邪気な少年のような笑顔には感動すら覚えました。これが「本当の自己表現」なんだなと思いました。彼の心がそのままダイレクトに表われていたと思うからです。人の笑顔にこれほどの癒しのパワーを感じたことはありません。

こんなにいい人を早く死なせるとは、「神も仏もあるものか」と思いたくなります。ブルース・リーの人生と死を考える時には、悲しみとくやしさの涙がでます。

死んだから、「伝説」になったとよく言われますが、もし、ブルース・リーが生きていたら、「伝説」以上の存在、つまり「神」のような扱いになっていたかもしれないとさえ、私は思います。

彼が使っている歯磨き粉がわかると、皆がそれを買いに行く 、あらゆる雑誌や週刊紙の表紙はブルース・リー、というのが当時の香港でした。生きていれば世界中がそんな感じになっていたかもしれません。今でも熱狂的なファンは「私にとって、ブルース・リーは神」ときっぱり言う人もいます。彼が死なないで生きていたら、世の中はもっと変わっていただろうと思います。なにかを話せば人々はそれに従ったかもしれませんね。そして、彼が願っていたように、世界の人々を人種を越えてひとつにできたかもしれません。

そうなると、本当に「神様」「教祖様」になっちゃうと思いますが、彼自身は普通の人間だと思っていましたし、平穏に暮したがっていたので、困ったことになっていたでしょうね。

人種差別のない世界の実現。これは彼ならできたかもしれないと思います。事実、彼の死後40年もたつのに、いまでもあらゆる人たちに対して影響を与え続け、ファンはひとつになっているのですから・・・。しかし、残念ながら、そういうまぶしい存在の人はえてして、反対勢力の何者かによって暗殺されがちですよね。ただ、私は、ブルース・リーの場合は、そうなる前に「自然死」してしまったと思っていますが・・・。

今になって、ブルース・リーは「唯一無二の存在」というイノサント氏の言葉の意味がわかったような気がします。そして、ひょっとすると本当に「ただ者ではない」、「一般論では語れない」存在だったのかもしれないと・・・。

だから、実際に会ってみたかったなぁ、とつくづく思います。当時の香港の人たちがうらやましいです。せめてあと1年 【プリウスアルファ α アクティブモータリングスタイル】プリウスα ZVW40/41W スマートエコグリル+マウントセット 前期  グリルカラー:マットブラック マウントカラー:カーボン調 ボルトカラー:シルバー、生きていてくれたら、日本にも来ていたでしょう。

私は1973年に生きていてラッキーでした。それ以前の人たちはブルース・リーを知らずして亡くなっているからです。1973年以後の人は何年後であっても映像で見れるだけラッキーです。

イエス・キリストの顔を知っている人は当時の人たち以外は誰も知りません。もしかすると、ブルース・リーに似ていたりして・・・(笑)

つづく
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 
{yahoojp} {shokuganhobby.blog32.fc2.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-4708