>  > KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット スズキ スイフト ZD72S 品番:WST5503R/WST5503L/WSF1163
[F845/R832] プロジェクトミュー(Projectμ) ブレーキパッド BESTOP 前後セット SUZUKI カルタス クレセント CULTUS CRESCENT 1500 95.1~ GB/GD/GS21S, GC21S/W R&G アールアンドジー コアガード オイルクーラーガード【Oil Cooler Guard】■ R nineT

KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット スズキ スイフト ZD72S 品番:WST5503R/WST5503L/WSF1163

KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット スズキ 専用 スイフト ZD72S 品番:WST5503R/WST5503L/WSF1163 CB1300SB

南太平洋のBGMを気に入っちゃったのはわたしだけでしょうか・・・^^;

それはさておきまして、
イベリアの裏側・オセアニアまで到着しました^^

ワンガヌイ――
木材を売っていましたので、
相場調整用に銀細工も作っておきます。

そして、
南米から持ってきた金・銀・トパーズ・銀細工の値段を調べ・・・
(調査結果は後ほどまとめて公開します~)

服レシピをもらっておきます♪


さらにさらに、
ホバート・カカドゥに立ち寄りオセアニアならではの新交易品を購入します^-^
カンガルー肉・ワニ肉・ユーカリ・ミモザ・ティーツリー・マカダミアナッツ・
ペリドット・ネフライト・・・
帰路の各地で値段調査していきましょうw
(この調査結果も後述)


マニラ――
探し物はこれでしたねw


アントニオ・ピガフェッタ――
実在の方ですね。
ヴェネツィアの貴族のお生まれだそうです。
ブリヂストン 二輪車用タイヤ EXEDRA G547 (MCS00380) (フロント)110/70-17 54HTL

とは知りませんでしたが・・・^^;

のち、マゼラン艦隊に記録官として参加し、

奇跡の生還を果たしています。
マゼラン艦隊の苦難の航海は、
彼が残した手記によって後世まで伝えられることになったのです。


ところが、DOLマゼラン艦隊ではこれが隠されちゃってるのですね@@;
失われた手記の情報をもらうため [ホイール1本(単品)] SSR / EXECUTOR EX05 (BD) 20インチ×9.0J PCD:120 穴数:5 インセット:50、マニラ在住のおじいさんの元へ行く・・・

おじいさん=ミゲル・ロペス・デ・レガスピ――
別名「El Adelantado(征服地の統治者)」とも、「El Viejo(老人)」とも^^;
あだ名が「老人」とは・・・www

バスク出身。
地元の議員だったが、
エルナン・コルテスのメキシコ制覇に刺激を受け新生活を求めメキシコへ赴く。
それから約30年間メキシコ市の市長として働いたのち、
イスパニアの王様の命令により香料諸島遠征の指揮官となる。
セブ島に要塞を築いて足がかりにし、1571年7月24日マニラ征服。

コルテスやピサロに負けないくらいのコンキスタドーレス(征服者)だったんですねー@@


このおじいさんの協力の元、物語は進むわけですが、
おじいさんの到達から半世紀前のマゼラン艦隊は・・・

1521年3月16日フィリピンに到達し、3月28日セブ島に上陸。
この時案内人として連れてこられていたエンリケ=マライエスが現地の言葉を理解します。
エンリケはもともとこの地方の出身で、
マゼランがポルトガル艦隊としてこの地に来たときに奴隷としてイベリアへ連行され、
そして西回り航路でこの地方へ帰還・・・
マゼランもエンリケも、
この時点で一応世界周航は果たしたことになります^-^

マゼランは原住民をキリスト教に改宗させつつ、
ポルトガルに対抗するため香料諸島征服の土台を着々と築きます。
マゼランの野望成就もあとわずか!だったのですが、

マゼランに対抗していた現地人の反撃の前に、あっけなく野望は潰えます;;

物語の中ではエルカノが・・・となっていますね><
実際エルカノが手を下したのかどうかはわかりませんが、
少なくともいすぱにゃーんはこの事件を冷淡に眺めていたと言われています><

いすぱにゃーん、ひどいよ;;

マゼラン亡き後を継いだサンティアゴ号の船長ファン・セラーノも、
この直後にセブ島の現地人に討ち取られちゃいます;;
セラーノはマゼランのいとこですので、
いすぱにゃーんは見て見ぬフリしてたのかもしれませんね><

もちろんこの一連の騒動でなくなったのはポルトガル人ばかりではなく、
いすぱにゃーん船員の多くがここで命を失うことになりました;;
生き残ったのは115人、出航時の半分以下です><
そのため・・・

わずか2艦で航海を続け、
迷走しつつも約半年後の1521年11月8日、念願の香料諸島に到達します♪
ちなみに、
コンセプシオン号の船長だったエルカノはこの後ビクトリア号の船長になります。


テルナーテ――
わたしも念願の香料諸島に到達^-^
でもすでに別のおみやげをオーストラリアで買っていたので香辛料は断念;;


残されたマゼラン艦隊は、
わたしと違ってほかの航海者同様香辛料をめいっぱい積み込みますw
しかし・・・

トリニダー号は大掛かりな修理をしないと出航できない状態になっていましたので、
やむなくビクトリア号=エルカノの船だけが先を急ぐことになりました。
これ以降、トリニダー号の消息は不明です;;


わたしのテルナーテ出航後は、
ディリへ向かう最中に包囲網にかかってしまい、

資材ひとつだけのくるっぱはあえなく撃沈;;

その後体勢を立て直して、

おしくらまんじゅうの応酬の末生還^-^
一瞬、撃沈寸前まで追い込まれたのはナイショです^^;

・・・それにしても [KYB] カヤバ ショック NEW SR SPECIAL リア 1本 ハイエース/レジアスエース TRH223B KDH222B 04/08~ コミューター 2.7リッターガソリン/2.5リッターディーゼル FR [全グレード] 送料1000円(税別) ※北海道・沖縄・離島は送料別途、わたし弱すぎますね;;


アフリカへ直接向かわず、クエストのためインド訪問w


あとは各地で価格調査しながら帰路につきます。


カーボヴェルデ――
しつこいいすぱにゃーん艦隊が待っていますが・・・

遠回りして回避^-^

1521年12月21日 RSR ダウンサス スプリング Ti2000SUPERDOWN リアのみ エミーナ TCR20G 4/1~11/12 T720TSR ※公道使用不可、
ビクトリア号が香料諸島を出発。
まともな補給ができないままヴェルデ沖までなんとかたどり着きます。
ティモール島(ディリのある島)近辺から南西に向かい、
アフリカ南端とオーストラリアの真ん中に位置するアムステルダム島に着き カワサキ純正 ウィンドシールド 39154-5031 HD店、
そこから真西に進んでアフリカ南端に到着。
そこから”DOL中華航路”でヴェルデ沖までやってきます。
今も昔も、魔手から逃れるにはこの航路なのかしら?www

それにしても、
キャラックでテルナーテからカーボヴェルデまで無寄港・・・
多くの船員がここで倒れていくことになりますが、
DOLで再現してもなぐらクンがばたばた倒れていきそうな気がします^^;


セビリア――
海峡封鎖網にかかってしまいますが、


くるっぱの脚力の勝ち^-^

こうしてセビリアに到着したわたしは、

無事さーかむらいなの称号をいただきました^-^


艱難辛苦の極みともいえる悪夢の航海を乗り越えた艦隊は、
1522年9月6日に帰国。
生還した船員は、

KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット スズキ スイフト ZD72S 品番:WST5503R/WST5503L/WSF1163激安アウトレット店舗

、アジア人4人を含むたったの18人でした;;
大量の香辛料も西回り航路成功の証拠にはなりましたが、

『航海日記の日付が(地球周回のせいで)1日ずれている』

ことが決定的な証拠となったみたいですw

持ち帰った香辛料により船員たちは破格の富を得 205/65R16 95H DUNLOP ダンロップ ENASAVE EC204 エナセーブ EC204 SMACK LAVINE スマック ラヴィーネ サマータイヤホイール4本セット、
エルカノは地球をかたどった紋章を授与されその栄誉を称えられたそうです。


ただ――

多くの犠牲を払ってまで開拓したこの航路は、
危険が大きすぎるためイスパニアではしばらく省みられませんでした><
新大陸の経営が軌道にのってきたことも関係しているかもしれませんね^^;

そして、エルカノは・・・
swift スイフト ブレーキパッド アバロン MCX10 ~97.9 1台分 typeSS VF228/VR284


世界周航達成から3年経過した1525年、
香料諸島の植民地化をもくろみ西回り航路による遠征が計画されました。
マゼラン海峡を利用しての遠征はイスパニア初の試みです。
指揮官はガルシア・ホフレ・ド・ロアイサ 、
筆頭水先案内人兼船長としてファン・セバスティアン・エルカノ――

エルカノに破格の名声があるなら指揮官でもいいような気がするのですが・・・
一船長にとどまってところを見ますと、
それほどの名声を得られていなかったのかもしれませんね;;


艦隊は7隻で編成され、
そこには植民地化に必要な役人も乗っており総勢450人の大艦隊でした。

1525年7月24日出航、
翌年1月にはアルゼンチン南部に到着。
7隻の船は大きさ・速力・耐久性などまるっきりバラバラだったため足並みが揃わず、
ここまでですら苦難の道のりだったそうです><

そのいびつな艦隊構成がマゼラン海峡突破時に仇となります;;

海峡で強風にあおられた結果、
2隻は海峡で難破><、1隻は戦線離脱;;、
残る4隻はなんとか大西洋に抜け出しますが、
太平洋横断中に各船はぐれてしまい二度と集合できませんでした><><

結局、
香料諸島にたどり着いたのは1隻のみで船員は24人;;
この24人はポルトガルの香料諸島遠征組に捕らえられ、
そのうち数名はポルトガルの手によってイスパニアへ帰国することができました。
もちろん、おみやげはありません><

そして、
帰国がかなった数名の中にはロアイサもエルカノもいませんでした・・・


この艦隊と比べると、
船員の多くを太平洋横断させることに成功したマゼランは、
桁違いの実力者だったのかもしれませんね~


長くなりましたが、わたしはこの『世界周航イベント』楽しかったです^-^
by an_absolute_queen | 2007-09-09 02:50 | 冒険紀行
<< 新戦力教育中 世界周航 >>


< April 2019 NISMO (ニスモ) RB26DETTエンジンパーツ リペアガスケットキット >
ファン
記事ランキング

品番:WST5503R/WST5503L/WSF1163 品番:WST5503R/WST5503L/WSF1163 スイフト スズキ ローファースポーツ1台分セット スズキ KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ZD72S

※ メッセージを入力してください
{yahoojp} {sakupyon.exblog.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-50762