>  > CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-6 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H
Daytona HenlyBegins デイトナ ヘンリービギンズ オンロードブーツ HBS-003 ショートブーツ サイズ:25.5cm

PITWORK ピットワーク トヨタ リア ブレーキ パッド 【 ランドクルーザ / KD-KZJ78G / 排気量 4200 / 仕様 / 年式 95.01~96.04 / 内径 48.1 】 ブレーキパッド 交換 部品 メンテナンス パーツ

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-6 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) ドライブベルト 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-6 DISK 江沼チェーン TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H

まえがき |  作者略歴 |  詩の本文
詩の前半―哀しい人生 |  文の構造による効果
詩の後半―夢・母=娘・エディプス複合
否定的な詩 |  肯定的な詩
本作品の独自の価値
(本文中の註は〔 〕で表示しています)

穴数:5 TYPE:LOW L612) 20インチ カラー:ブラックポリッシュ LINEA 9.5J [ホイール1本単位]/H CLUB CRIMSON(クリムソン) L612 L612) inset:-6 DISK DISK PCD:115 (クラブリネア

    20世紀ドイツ女流詩人の作品の紹介を続けたい。今回はクレーヒェルの叙情詩母(Meine Mutter, 1977)のHoffmannによる解説〔1〕の摘要を記す。
    原文・原語を併記していますが、ドイツ語の知識がなくても、ぜんぜん気にしないで読んでください。原語・原文のこみいった解説は適宜捨象してください。詩的技法の専門的な解説はなるべく註にて行っています;本文でも行っています。適宜捨象してください。

▲冒頭

作者略歴

ウアズラ=クレーヒェル(Ursula Krechel)は1947年12月4日ラインラント=プファルツ州トリーア生まれの著作家である。1966年からケルン大学でゲルマニスティク(ドイツ語学・ドイツ文学)・演劇学・美術史を学び、同大学で1972年にヘルベルト・イエリング(Herbert Ihering, 1888–1977、演劇史上の著名人)を論じて博士号を取得している パナソニック純正 CN-S300WD 地デジフィルムアンテナ左右4枚セット b1。この在学中に在ケルン西ドイツラジオ・ケルン都市新聞に投稿している。1969~1972年にノルトライン=ヴェストファーレン州ドルトムントの都市劇場で若年の囚人らと一緒に活動している。1972年からはフランクフルトに居住して、叙情詩を中心とする著作業に専念している;叙情詩は女性運動・現代的主体観・超現実主義に影響されている。またラジオドラマの脚本家も勤めているし、散文作品や劇作品も書いている。さらに、ユストゥス=リービッヒ大学ギーセン・デュイスブルク=エッセン大学・ライプツィヒ大学で教職に就いており、イギリスのウォーリック大学・合州国のセントルイス大学でも教職に就いている。1980年から、ベルリン・ハンブルク・エデンコーベン(ラインラント=プファルツ州にまたがるライン=ネッカー広域連合内の都市)より奨励金を受給している。1982年以来国際ペンクラブの会員であり、1993年以来マンハイム自由芸術アカデミーの会員である。現在ベルリンに在住。

詩の本文

      

      1
      母が四半世紀の間
      母または妻でいたときに、けどそれを母は
      時とともに忘れてしまえたのだが、母が
      方正な妻らしくなったときに
5    つまり祖母よりも賢明でおばたちよりも恭順で
      運に恵まれた女よりも
      食も性もつつましやかになったときに
      母が食卓掛けから食べこぼしを払いのけたときに
      母が希望を埋葬したときに、いつか
10  戦前の服飾雑誌の毛皮をまとった婦人みたいになりたいという希望を
      そういう雑誌をいつまでも母は食料室にしまっていた
      母が娘たちの顔をのぞいて
      探し始めたときに、自分の顔には
      みつけれないものを、母が怖くて目を覚ましたりはしなくなったときに
15  それはアイロンの夢を見たからだが
      そのアイロンは電源が切れなくなっていた、母がもう何度も
      午後の初めに足を
      組もうとしていたときに、ガンが
      母の子宮に巣食っていて大きくなっていて広がっていて
20  母からゆっくり命を奪っていた。

      2
      死んでから10日後に母はとつぜん
      夢に出てきた。誰かが呼んだのだろうか私は
      以前住んでいた家の窓に連れて行かれた。路上で
      へこんだフォルクスヴァーゲンに乗った4人が何か言っていた
25  1人の男がクラクションを鳴らしていた。だいたい
      5年前のベルリン人の友人らがこういう感じだった。
      後部席から女も1人何か言っていた:
      母だ。さいしょ私には母が
      この最近できた知人らの後ろに半ば隠れて見えていた。
30  もう私に見えているのは母だけ
      映画の中みたいに大きな母だけ、それから細い白い腕
      接写しても腕には毛がぜんぜん
      見えない。母がガスコンロを使うと
      よく火で髪を焦がしていた。
35  手首に腕輪をはめている。
      それは父が婚約の前に贈ったものだ。
      母はそれを私に遺贈してくれた。私は磨いた階段を降りて。
      玄関扉のところで笑いが聞こえる:母ちゃん
      と私は叫ぶ、二の句がつげない。
40  母は挟まって座っている2人の
      笑ってる若い人の間に。こんなに愉しそうにしていることは長らくなかった。
      一緒に来ないかと母がきく。けれど車には
      席が無いじゃないかと私は言うそして見る
      困惑して母の絹のブラウスに
45  そんなブラウスなんて生前母は着ていなかったが
      若いよく張っている少女の胸を
      そして父を呼ばねばと考える。もう唸りを
      エンジンがあげている、ぼろい扉が中から
      閉められる。玄関扉で顔を叩いてしまいかけた。
50  車のナンバーすら見えなかった。

      Meine Mutter

      1
      Als meine Mutter ein Vierteljahrhundert lang
      Mutter gewesen war und Frau, aber das konnte sie
      vergessen mit der Zeit, als sie so geworden war
      wie eine anständige Frau werden mußte
5    klüger als die Großmutter, ergebener als die Tanten
      sparsamer in der Küche und in der Liebe als eine
      der das Glück in den Schoß gefallen war
      als sie genug Krümel von der Tischdecke geschnippt
      als sie die Hoffnung begraben hatte, einmal eine Dame
10  im Pelz zu sein wie in den Modeheften vor dem Krieg
      die sie immer noch hinten in der Speisekammer hütete
      als sie anfing, den Töchtern ins Gesicht zu sehen
      auf der Suche nach Spuren, die sie im eigenen Gesicht
      nicht fand, als sie nicht mehr vor Angst aufwachte
15  weil sie vom Bügeleisen geträumt hatte
      das nicht ausgeschaltet war, als sie schon manchmal
      wagte, die Beine am frühen Nachmittag
      übereinanderzuschlagen, fraß sich ein Krebs
      in ihre Gebärmutter, wuchs und wucherte
20  und drängte meine Mutter langsam aus dem Leben.

      2
      Zehn Tage nach ihrem Tod war sie im Traum plötzlich
      wieder da. Als hätte jemand gerufen, zog es mich
      zum Fenster der früheren Wohnung. Auf der Straße
      winkten vier Typen aus einem zerbeulten VW
25  einer drückte dabei auf die Hupe. So ungefähr
      sahen die berliner Freunde vor fünf Jahren aus.
      Da winkt vom Rücksitz auch eine Frau:
      meine Mutter. Zuerst sehe ich sie
      halb versteckt hinter ihren neuen Bekannten.
30  Dann sehe ich nur noch sie
      ganz groß wie im Kino, dann ihren mageren weißen Arm
      auf dem auch in Nahaufnahme kein einziges Härchen
      zu sehen ist. Wenn sie eilig am Gasherd hantierte
      hatten ihr die Flammen häufig die Haare versengt.
35  Am Handgelenk trägt sie den silbernen Armreif
      den ihr mein Vater noch vor der Verlobung geschenkt hat.
      Mir hat sie ihn vererbt. Ich die gebohnerten Treppen hinab.
      An der Haustür höre ich schon ein Kichern: Mama!
      rufe ich, der Nachsatz will mir nicht über die Lippen.
40  Meine Mutter sitzt eingeklemmt zwischen zwei
      lachenden Jungen. So fröhlich war sie lange nicht mehr.
      Willst du nicht mitfahren? fragt sie. Aber im Auto
      ist doch kein Platz, sage ich und blicke
      verlegen durch ihre seidige Bluse
45  so eine trug sie zu Lebzeiten nie
      auf ihre junge, noch ganz spitze Mädchenbrust
      und denke, ich muß den Vater rufen. Da heult schon
      der Motor auf, die klapprige Tür wird von innen
      zugeworfen. An der Haustür könnte ich mich ohrfeigen.
50  Nicht einmal die Autonummer habe ich mir gemerkt.

▲冒頭

詩の前半―哀しい人生

    この詩は、1・2と番号を打って前半・後半に分けてある。前半を朗読したとして、そこで一旦読むのを止めたとしたら、聴いている方はそこで詩は終わりだと思うことだろう。
    前半だけで話は完結している。前半で「母」なる人は、伝統的な細君像に適合していって、ガンで死ぬ。ガンが巣食っているのは、よりによって、女の・母の象徴たる子宮だ。詩の3~7行目に見るように、母は辛苦の歳月をかけて自分を細君像に矯正している:

「母が/方正な妻らしくなったときに/つまり祖母よりも賢明でおばたちよりも恭順で/運に恵まれた女よりも/食も性もつつましやかになったときに」

そうして、自分の境遇をかえりみはしない狭い人生知を得る。諦念の人生だが、それで報いられるわけではなく、こんな人生でよかったのだろうかと思いはするが、何かが変わる可能性はありはしない。12~14行目で、母は娘の顔を見て、自分は何かを取り逃がしてきたのではないかと思う:

「母が娘たちの顔をのぞいて/探し始めたときに、自分の顔には/みつけれないものを、」

かといって今から何かしてみようとするわけではない。14~16行目に見るように母にはささいな気休めもあったし、16~18行目に見るように僅かには自由がある:

「母が怖くて目を覚ましたりはしなくなったときに/それはアイロンの夢を見たからだが/そのアイロンは電源が切れなくなっていた、母がもう何度も/午後の初めに足を/組もうとしていたときに、」

だがそういうことが楽しみになりなどはしない。母の人生のどの場面も無情に同じようなものだ。接続詞「~ときに〔als〕」を各場面ごとに繰り返してそのことを表現している (クーポン配布中)【お取寄せ】RSタイチ RSS009 OutDry BOA ライディングシューズ [ブラック/29.0cm] RSS4997035703913 【送料無料】(北海道・沖縄除く)。この人物は、変われると願って歩み出したその瞬間に死んでしまったのだ。
    というよりも、この人物が死病に冒されたのは、変わることなどできないと思ったからではないだろうか。変わることができるのなら、失ってきたものが余りにも悔しいことだろう。母は「方正な妻」になったから、それにふさわしく、恭順に受動的に死んだのであろう。それが18~20行目の意味である:

「ガンが〔...〕大きくなっていて広がっていて/母からゆっくり命を奪っていた。」

▲冒頭

文の構造による効果

    こういった人生を悲劇とするなら、必ずどこかに救いがあるだろうと大抵の人が信じるものだ。しかしこの母の悲劇には救いなどない。詩の構造がそれを強調している。
    先に見たように、この詩の前半は、同一の接続詞で導入する文肢文を連ねている。それら1つ1つは、叙事詩的な広がりを想わせる。それら1つ1つには、従属文が1つ付いているものもある。
    これらの文肢文の主文は18行目からやっと始まる。その主文が母の死を述べている。18行目まで読む間に気が張るから気が高まる。だから主文の述べることが特段決定的に感じられる。それに、こうやって同一構造の副文をつらねるから、母の人生という悲劇が特段不可避的に感じられる 【USA在庫あり】 モト タシナリ Moto Tassinari リードバルブ VFORCE3 02年-10年 YZ85 カーボン 790839 HD店。
    18行目まで、たしかに流れるように読めたものではないが、文の流れは決して止まってくれはしないという印象もある。さらにまた、やたらと読点が省いてあるから、主文に向かってなおさら一気呵成に進んでいかなくてはならなくなっている。

▲冒頭

スクリーン ダブルバブル スモーク ゼログラビティ(ZERO GRAVITY) CBR1000RR(04~07年)詩の後半―夢・母=娘・エディプス複合

    詩の後半は、前半とおもむきが違う。前半は従属文だらけで主文が1つだったが、後半は主文が並列している;詩の内容が夢の内容になっている;前半では語り手だった娘が登場人物になっている;その娘は過去のことと対面している。過去というのは22~23行目が表している:

「誰かが呼んだのだろうか私は/以前住んでいた家の窓に連れて行かれた。」

さらに次の「へこんだフォルクスヴァーゲンに乗った4人」〔24〕も娘の過去のことと関係がある。4人は母の「最近できた知人ら」〔29〕であり、「5年前のベルリン人の友人ら」〔26〕を似ている連中である。ここで読者は〔ドイツの1960年代の〕学生運動を連想するであろう。そしてこのことは、母が「自分の顔には/みつけれないもの」が娘の顔に付いているということと関係がある。
    しかしながら、この夢の中での母の「最近できた知人ら」が娘の昔の知人らに似ているというのなら、夢の中では母は娘と似たような人生を経てきた人であるはずだ。まあそもそも「へこんだフォルクスヴァーゲンに乗った4人」などというのは青春真っ盛りの象徴である。こういう次第だから、さいしょ母が誰か分からなかったのだ:「この最近できた知人らの後ろに半ば隠れて見えていた」〔28・29〕のだ。
    夢の中では母の仲間も現実のとはちがっていれば、母の外見もちがっている 【エスペリア】SUZUKI エブリィ EVERY DA62系 スーパーダウンサス DA62W K6A H15/10~17/7 4WD ターボ ワゴン 6型 / ジョイポップ / ジョイポップターボ / ジョイポップターボ PZ フロント。「接写」〔32〕している母の肌は、「毛がぜんぜん」〔32〕ないような、「婚約の前」〔36〕の少女の頃の肌である。
    こういう風に母と娘は年齢が近しくなるが、空間的にも近しくなる。37~39行目はそういうものと読める:

「私は磨いた階段を降りて。/玄関扉のところで笑いが聞こえる:母ちゃん/と私は叫ぶ、二の句がつげない。」

この39行目は分かりにくい。母を呼んだ後に二の句がつげないのは、嬉しいからなのか驚いているからなのかどちらなのだろうか。
    夢の中で言葉につまるのは、不安感の表れではないだろうか。夢の中でも娘は覚醒時のと同じような意識状態だと考えてもよいかもしれない。母が私に腕輪を遺贈したという35・37行目の意識なり、母の「生前」〔45〕のことに関する意識なりは、覚醒時の意識でもあり夢の中での意識でもある。娘は、母が死んでいることを夢の中でも意識しているはずだ;死んでいるはずの人をみて気味悪がったり混乱したりしているはずだ。
    母の姿が生前と異なっているという描写がさらに40行目以下に続く:

「母は挟まって座っている2人の/笑ってる若い人の間に。こんなに愉しそうにしていることは長らくなかった。」

一緒に来ないかと母が気軽に話しかけるのに対して、娘は実になんとも言えない返しをする:

「けれど車には/席が無いじゃないかと私は言うそして見る/困惑して母の絹のブラウスに/そんなブラウスなんて生前母は着ていなかったが/若いよく張っている少女の胸を/そして父を呼ばねばと考える。」

娘の席が無いというのはどういう意味か。母は詩前半で言うように女であることを「忘れて」〔3〕などはいないのでなかろうか。すると母はここでは娘と張り合う1人の女なのかもしれない。
    娘はさらに、父を突如連れて来たくなっている:父は36行目でチラっと触れただけの人物だ。若返っている母を父に見せてあげたいのだろうか。いやそれとも、2人して、もう到底「方正な妻」ではなくなっているこの女性にギョッとしていて何とかしようとしているのではないだろうか。
    そういった疑問はともかく、この3人にエディプスコンプレックス的葛藤が生じていることは確かだ。作り物くさいエディプスコンプレックス劇ではあるが、それが夢の中でのことだということに注目したい。夢だから、無意識の願望と不安を言葉にする機能が働いているのだ。
    それに関して47行目以降を検討しよう。娘が父のことを思うと、途端に母が姿を消している。よく童話や伝説で、禁句(たとえば名前)を口にしたら大事な人が消えてしまうというのがあるが、それを思い出させなくもない。大事な人を失った詩の中の娘は、ごく冷静でいる。それが最後の2行だ:

「玄関扉で顔を叩いてしまいかけた。/車のナンバーすら見えなかった。」

娘がこうやって簡潔に自分をふりかえったところで夢の結び、詩の結びになる。母は届かない存在のままであり、取り逃がしてきた何かが返ってくるようなことは別にない。夢の結びには、母が死んでいるという逃れれない現実が戻ってくる。

▲冒頭

GEOLANDAR(ジオランダー)SUV 215/65R16 98H否定的な詩

    さてそれでは詩の前半(現実)と後半(夢)との関係を考察しよう。まず上ですでに確認したことを振り返ると、夢の中の母(後半)は、娘が送ったのと同じような青春時代のさなかにある少女であって、いわば、「自分の顔には/みつけれない」(前半)娘の顔の特徴を備えている少女である。
    次に9・10行目に着目したい:

「希望を〔...〕/戦前の服飾雑誌の毛皮をまとった婦人みたいになりたいという希望を」

この希望は娘の夢の中で叶う。夢の中では母は「絹のブラウス」〔44〕を着ている。これは婦人の優雅な毛皮とはえらい違ったもので、運動に適した気楽な服だ。「戦前の服飾雑誌」〔10〕の中に母が見ていた理想像が否定されているようだ。
    一方、毛皮婦人が意味する願望、美しくありたい・自由でありたい・富裕者の栄華に包まれたいという願望は、娘が持ったとしてもおかしくない願望であるだろう。
    こうして母と娘は心情までも重なることになろう。さらに言えば、「絹のブラウス」(後半)というのは、「毛皮をまとった婦人」(前半)という定型句でしか言い表せないような願望を真に叶えた服装を意味しているのだろう。
    ただ、夢の中でのこういった理想の実現は、母の人生のなぐさめになるものではない。もし母が若い頃は夢の中でのように活発で生き生きした女性だったのなら、その後の人生はなおさらもって辛いものだったことになる。婚後の「四半世紀」〔1〕の生活を母が満足して送れた可能性は潰されていたのだ。
    詩をもうちょっとマシな風に読みたいなら、前半の母の描写が娘の一方的な思い込みだったのだと考えるぐらいしか他にない。娘からすれば、子供を育てて・家族の幸せに尽力して・自分のしてきたことを省みて得ている母の満足というものは、なかなか見えにくいものだ 。とは言っても、母がそのように満足していたというのは、詩に書いてあることではない:詩をこう読みたいという願望にすぎない。
    結局この詩が言いたいのは、本人の意思で人生を諦めてしまうのは誉むべきものではないということだ。これは悲観的な見方だがごまかせるものではない。

▲冒頭

肯定的な詩

    以上見てきたようにこの詩は楽観的な調子をしてはいない。とはいっても、この詩に肯定的調子を読めないということではない。
    夢に出てきた母は自覚的で・活動的で・たくましい人であり、娘には、心安らぐ希望の源である。詩前半の母の人生が娘にとって御免こうむりたいものであるなら、詩後半の母はこうなりたいと言える人であろう。母みたいになるか母のことを否定するかを娘は迷うことはないであろう。
    こういった側面がこの詩の価値である。親の生き方と決別するという悲しい作業をせねばならないということをこの詩は主張している:親の生き方は理想化するのでも非難するのであってもならなず、それは、自分の人生のためになるようにただ向き合っていかねばならないものであるということだ。

▲冒頭

ドライブキット(バリューキット) チェーン:ゴールド XAM(ザム) CB750(92~94年) 本作品の独自の価値

    クレーヒェルはこの母では親に対する思いを慎重に表しているが、叙情詩集『マインツへ』〔Nach Mainz!, 1977〕に載せている詩の何点かでは、露骨に表している。詩集の題名になっている作品マインツへ〔2〕などがその好例である 【カヤバ】ショックアブソーバー Lowfer Sports ( ローファースポーツ ) カローラ 【 AE100G 】 リア R  品番 : WST5092R。
    この詩は賛歌を想わせる純情な調子をしている。解放に見えるだけの偽の解放を主題にしている。3人はマインツに着くが、そこではまた別の独裁体制が待っているだけだ。この詩に見られるのはみょうちくりんなユートピア観だけである。
    母のような詩はマインツへのような詩よりも見るべきものがある。前者は後者よりも私的苦悩・葛藤に焦点を合わせているが、それは重要ではない。
    重要なことは、前者が私的なことを扱うことで人心の構造を表現しているということであり、社会的・思想的な外圧を隠さずに詠んでいるということであり、生きづらい現実世界を忘れてしまおうとするユートピアなどというものと手を切っているということである。

▲冒頭

【送料無料】 バッテリー トヨタ クレスタ N-LX70 用 SMF80D26L ACデルコ AC ACDelco SMF メンテナンスフリー 80D26L 車用 車 バッテリー交換 国産車用 TOYOTA カーバッテリー バッテリートラブル バッテリー上がり 02-05y フォード エクスプローラー ドアミラー 右側 純正タイプ〔1〕Hoffmann, Elisabeth: Trauerarbeit. Zu Ursula Krechels Gedicht Meine Mutter. In: Gedichte und Interpretationen. Bd. 6: Gegenward I. Hg. v. Walter Hinck. Stuttgart 1982. (Reclams Universal-Bibliothek. Nr. 7895.) S. 402–410.

〔2〕Nach Mainz!。ググって見つかった詩原文を記す。

Angela Davis, die Jungfrau Maria und ich
liegen in klammen weißen Betten
in einem Krankenhaus, dritte Klasse.
Wir reden nicht viel. Im Nebenraum
plärren die Säuglinge, die man uns abgepreßt hat.
Jede von uns ist an einem Wochentag
von einem gewöhnlichen Kind entbunden worden.
Maria liegt sehr blond in ihren Kissen.
Angela schläft viel. Ich lese in Freuds Traumdeutung
und frage mich, warum ich trotzdem
von pelzigen Säuge- und Nagetieren träume.
Pünktlich klopft eine Schwesternschülerin
und bringt die Düsseldorfer Nachrichten. Ausgerechnet
Düsseldorf, denke ich noch. Hier haben sie uns niedergestreckt.
Dann fällt mir die Schlagzeile auf: Zweite deutsche Teilung.
Alle Sozialisten nach Süddeutschland verbannt.
Demarkationslinie ist der Main.
Wir springen aus den Betten. Nichts wie nach Mainz
den Rhein hinauf. Wir umarmen uns, lachen
rennen barfuß durch die Altstadt zum Rhein.
Die Kinder, ruft Maria an einer roten Ampel.
Wir kehren nicht um. Die Nachkommen gehen eigene Wege.
Schon stehen wir bis zu den Knien in der grauen Brühe
bespritzen Brust und Arme und kraulen los.
Obwohl wir gegen den Strom schwimmen, kommen wir
gut voran. Was für ein Glück, die Arme auszustrecken
zu prusten, gurgeln, spritzen, um sich zu schlagen.
Hinter Wesseling ist das Wasser ganz klar.
Möwen begleiten uns eine Weile.
Während wir uns auf den Rücken werfen, reden wir
darüber, was uns erwartet. Ich kneife Angela in den Arm.
Wir träumen nicht. Am Loreleifelsen treffen wir
tatsächlich einen Fischer in seinem Nachen.
Er rudert gemächlich, damit er sich unterhalten kann.
Später bittet er uns in seinen Kahn.

アンジェラ=デイヴィス・処女マリーア・私
が湿った白い寝台に寝ている
と或る病院、三等病室。
私達は口数すくない。隣室で
乳児らが泣いてる、私達の連れてかれた乳児らが。
私達はみんないつかの平日に
ありふれた子供を分娩した。
マリーアはすごく淡い髪色をして布団に寝ている。
アンジェラはたくさん眠ってる。私はフロイトの夢解釈論を読んでいて
自問している、なぜ私はそれなのに
毛皮のある哺乳類・ゲッシ類の夢を見ているのか。
定刻に看護婦学校生が1人戸を叩いて
デュッセルドルフのニュースが載ってる新聞を持って来る。なんでまた
デュッセルドルフなのと私はまだ考えてる。

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-6 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H
WinmaX SPORTS AP2 HONDA フィット・フィット ハイブリッド リア用 【品番210】 型式GK3,GK4 リアディスク車 年式13.09-!ALPHA PROJECT WAGON R MC 後期 4P SET PRICE 塗装済み.KENDA ケンダ VEZDA ECO KR30 サマータイヤ 195/65R15 HotStuff 軽量設計!G.speed P-02 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +53 5穴 114.3,17インチ サマータイヤ セット【適応車種:スカイライン(V37系 純正17インチ車)】A-TECH シュナイダー SQ27 メタリックシルバー 7.0Jx17ヨコハマ エコス ES31 225/55R17

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-6 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H

。ここで連中が私達をうちのめしたのだ。
次に1面の見出しが目に付く:2回目のドイツ分断。
全社会主義者が南ドイツに追いやられた。
東西分断線はマインだ。
私達は寝台から跳ね起きる。マインツに向かうしかない
ライン川の上流へ。私達は抱き合う、笑う
はだしで旧市街をライン川まで走る。
子供はとマリアが赤信号のときに声をかける。
戻りはしない。子孫は自分の道を行くんだ。
もう私達は灰色の水にヒザまで浸かっている
胸と腕に水をはねてクロールで泳ぎ出す。
流れに逆らって泳いでいるが、うまく
前に進んでる。何て幸せなんだろう、前にすすむために腕を伸ばすというのは
息を切らす・ノドを鳴らす・水をとばすというのは。
ヴェッセリングの向こうでは川は澄み切っている。
カモメがしばらく付いて来る。
あおむけに寝転がって私達は話す
何が待っているかを。私がアンジェラの腕をつねる。
夢を見ているのではない。ローレライの岩の所で私達は
本当に小舟の漁師に出会う。
漁師は話ができるようにゆっくり漕いでいる
後々漁師は私達を小舟に誘うのだ。

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L612 (クラブリネア L612) 20インチ 9.5J PCD:115 穴数:5 inset:-6 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H

{yahoojp} {hanasi.pupu.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-54400